スーパーマーケット


買い物用カート

お店の入り口辺りに買い物用のかごがある場合にはそれはもちろん使用無料です。また、大きなもの、重いものなどをご購入の可能性があれば、大きなカートもあります。ただし、カートはレンタル形式。1ユーロ硬貨、または(これは私の義理の姉が日本に行った後で試して気付いたとっておきの秘密!)なんと日本の10円硬貨でもOKなのです!義理の母はいつもお財布に10円を持っています。ユーロだとついつい使ってしまって、いざという時に無くて困るものですが、これなら安心。それをカートに入れるとチェーンのロックがはずれますので、ショッピング中に利用し、最後にレジも済ませて同じところに戻して、始めと同じようにチェーンをつなげてカチャンとすれば1ユーロ(または10円!)が出てきます。

レジ

ドイツではどこのスーパーでもお客さん自身が、買う物を全て一つ一つ自分で(!) ベルトコンベア式の黒い台にのせます。
台はレジに向かってクルクル動きますので、前のお客さんがいたらその後に並べます。
この黒いベルト式の台に添って一列30センチぐらいの棒が横に並んでいるのですが、 これは前の人と後ろの人の買う物がごちゃまぜにならないようにマークする為のものです。
大抵は自分の買う物を並べ終わったら、次の人の為にこのバーを縦においてあげるのが暗黙の了解のようになっていますが、 しなければ怒られる、というようなことはありませんので、分からなければ気にしないで大丈夫です。

自分の番になると、レジのお姉さん(お兄さんもおばさんもいます)は、日本と違って、 言うなれば「ちょっと乱暴じゃない?」と思う時もあるほど、かなりスピードが速いですので、これも要注意。 なぜかというと、バーコードで「ピッ」と言った後は、品物を置くスペースはあまり無いことが多いんです。

つまり、もたもたしていると、「ピッピッピ」とどんどん進んで、物を置けなくなって、ひどい時には物が下に落ちそうになったり、 お姉さんが物をどんどん重ねて山積みにしてしまったり。壊れ物や、大事なお土産などの場合、きれいに持ち帰りたいですよね。 ですから、「ピッピッピ」の片っ端からどんどん手持ちの袋に入れましょう。

買い物袋

そう、手持ち袋といえば、これも要注意。日本でも最近は買い物袋持参も進んできているようですが、 環境保護の先進国ドイツでは、持参が常識。でも袋が無い場合にはもちろん購入できます。 これは上記の黒いベルトコンベアの台の下にビニール袋だったり、紙袋か布の袋だったりがあり、 値段もその近辺に書いてあります(安いです。まず1ユーロはしません)ので、これは、コツとしては「買う物の一番始め!」に台の上に置いておくと、 「ピッピッピ」のテンポに乗り遅れずに物を袋につめられますよ。

文章:木場澄江 写真:木場澄江/R.Nakano/Susanne

admin-ajax1聖マーティン

Trazado_Nordschleife「ニュルブルクリンク」を走ろう!?

関連記事

  1. Trazado_Nordschleife

    「ニュルブルクリンク」を走ろう!?

    世界で最も過酷なサーキットニュルンベルク城を囲む北コース北コースは高低差300メートルでアッ…

  2. 17349607_1661499180533666_8486107019795433427_o

    グループレッスンの生徒さん募集中♪

    DZGOドイツ語教室では、4月~のグループレッスンの生徒さんを募集しています!教室はこんな感じ。…

  3. summer

    サマータイムがやってくる!

    夏時間は毎年「3月最終日曜日~10月最終日曜日」ドイツでは「時計を1時間回す日」が年2回、訪れま…

  4. アスパラ

    春は「白アスパラ」と共に

    ドイツの春の風物詩といえば「白アスパラ」。4~5月にぜひ味わって欲しい食材です。「白アスパラのス…

  5. admin-ajax1

    聖マーティン

    毎年11月11日は「聖マーティンの日(Sankt Martinstag:サンクトマーティンスターク)…

  6. kohl1

    Kohl und Pinkel

    北ドイツで春しか味わえない期間限定のドイツ料理。「Kohl/コール」とは菜っ葉類のことで、ここで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP