幸せの象徴

ドイツの「幸せの象徴」を紹介します♪

四葉のクローバー

希望・愛情・信頼・幸運だといわれています。 十字架にみたてることもできます。 クローバーと言えば通常三つ葉。 その変異体が四葉といわれています。 その、四葉のクローバが広がる丘、というお話があるのですが、 そこに登場するこの動物も幸せの象徴です。



ブタ

中世ドイツ。競技大会で最下位の人には残念賞でブタが プレゼントされました。残念だけどブタをもらえてよかった、 とされるところからだとか。それが幸せの象徴になるとは、 謙虚で素敵です。 ブタの人形やお菓子は、結婚式でよくプレゼントされます。



煙突掃除の人

なんで?と思いますが、これも中世ドイツ。各家庭に煙突があり、 掃除の人が年始に前年分の掃除料金を集金する際、 幸せがありますように!といってまわったのが始まりだとか。


テントウムシ

かわいらしいボディーながらも アブラムシなどの害虫を駆除してくれる、 ありがたい存在。 テントウムシは聖母マリアの虫「マリエンケーファー」とも言われます。



コイン

幸せの象徴。どちらかというと経済的な側面があります。



きのこ

カラダによい食べ物とされ、どちらかというと健康・美容的な側面があります。



蹄鉄

馬のヒヅメに装着されるU字型のものです。馬は幸せの象徴で、 蹄鉄のUを上向きにおくいいとされています。

Trazado_Nordschleife「ニュルブルクリンク」を走ろう!?

kohl1Kohl und Pinkel

関連記事

  1. 11707345_850438781676472_2461977346077506873_n-300x168

    ベルリンのデザイン会社で働いています

    こんにちは、ベルリン在住歴約4年のAyumiです。私は今こちらの、ある大手企業で働いています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP