メクレンブルク=フォアポンメルン州

中世以降、フォアポメルンは長い間スウェーデン領、メクレンブルグはドイツ帝国内の独立した地方だった。両州は近代に入り統合され現在の当州にいたる。かつてからバルト海に面した地理的利点を生かしたスカンジナビア貿易が盛んで、海水浴場ヴァルネミュンデや湖水地方など保養地としての魅力も有する。他州に比べ農業もさかんだ。

登録されている記事はございません。