冬のレジャー

ドイツでは四季折々、様々なスポーツを楽しむことが出来ます。 冬はスキー、スケート、アイスホッケー、また、カーリングと似たアイスシュトックシーセンというスポーツやそり滑り。 そこで今回はスキーのお話。

ミュンヘン郊外、南に向かって80キロほど車で走るとスキー場が沢山あります。 ドイツ最高峰のツークシュピッツェ山(2962メートル)もこの方向にあり、もちろんそこでも出来ます。ただし、山の高さだけでなく、お値段も高いですよ。笑。

そこで、私たちがよく行くのは国境を越えてオーストリア・チロル地方のスキー場。車で一時間ちょっとで着きますので日帰りできます。 駐車場にはドイツ始め、オランダ、イタリア、フランスなど、近隣国からの一般車、及びバスのナンバープレートが勢揃い。

ここ4,5年の間にスノーマシーンも増え、降雪の少ない時期にフル回転します。 ゴンドラで山を登るのは当然としても、初心者には「歩く歩道」タイプのロールリフト、 中級者以上には、日本では稀という1人用、2人用の滑走式シュレップリフト(ちなみに、シュレップという言葉の語源はドイツ語で、引っ張るという意味です)があり、 2007年には6人乗りチェアリフトの2路線も加わりました。

びっくりするのは、毎回必ず2人~5,6人ぐらいが、ゴンドラを使わずにゲレンデの端をテレマークスキーで山岳スキー風に徒歩で登って行くのを見かけたことです。 1995年頃に当時ドイツ首相だったコール氏が、自国民を「フライツァイトゲゼルシャフト」(余暇娯楽団体)と呼んだのは、ドイツでは今でも有名ですが、 ドイツ人たちは余暇を楽しむ自己流の趣味を持っている人が非常に多いですよ。

(木場澄江 from ミュンヘン)

ゲレンデでパラグライダー!

スキーヤーと一緒にゴンドラで山を登り、頂上でリュックからセットを取り出し準備。そして空中へ舞い上がる。 ある人はなんと、パラグライダーとスキーのコンビネーション。スキーを履いて飛んで行くのでした。

私も一度体験しましたが、インストラクターは「車の運転より安全だよ。パラグライダーで事故死した人はいないし」。 スキーで滑っている上をパラグライダーに追い越されるのは不思議な感じ。皆、上手に着陸していました。

ハロウィン

タイヤ交換

関連記事

  1. らくがき

    ドイツでは年中、駅構内のらくがきが絶えませんが、特にひどくなるシーズンがあります。原因はずばり、So…

  2. 入学式

    9月16日、火曜日。ドイツ、バイエルン州の小中高等学校の夏休みが終わり、また新しく学校が始まりました…

  3. 幸せの象徴

    四葉のクローバー希望・愛情・信頼・幸運だといわれています。 十字架にみたてることもできます。 ク…

  4. 灰の水曜日

    「灰の水曜日」は復活祭(イースター)の46日前の水曜日。この日を機にキリスト教のイエズス四旬節が始ま…

  5. 白アスパラ

    日本でドイツ料理というとソーセージとビール。確かにドイツレストランに行って、あっさりしたものを食べた…

  6. 聖マーティンの日

    毎年11月11日はSankt Martinstag(サンクトマーティンスターク:聖マーティンの日)ま…

  7. ドイツの車

    自動車、それは誰もが免許さえ取得すれば乗る事の出来る楽しい乗り物。 皆さん、この便利な乗り物が実はド…

  8. タイヤ交換

    夏と冬のタイヤ交換。特に雪の多い南ドイツでは必須です。スノータイヤは表面の凹凸が多めで、車種…

PAGE TOP