夏時間

夏時間がやってきました。毎年、年2回、3月の最終日曜日と10月の最終日曜日が時計を1時間回す日に決まっています。

春には1時間進め、秋には1時間戻します。企業や交通手段等に支障が少ないよう、夜中の午前2時に1時間ずらすことになっています。 衛星方式の時計は自動で時間変更します。

日曜日なので、大抵の人は休日。とはいえ、この春も朝9時に起きたところが、既に10時になっているという訳です。

ドイツで最初に夏時間が導入されたのは第一次大戦中の1916年~1918年、その後は第二次大戦中の1940年に再導入、 1947年にはなんと2時間早めるダブルサマータイムもありました。一方、1950年から1979年の間はサマータイム無し。

ドイツは高緯度(フランクフルトの緯度が約北緯50度。おおよそ北海道の稚内に相当)のため夏には日が長く、 夏時間で夜9時頃まで(つまり通常の夜10時まで)明るいということになります。 そこで、長い日照時間を活かすエネルギー削減思考から夏時間導入が始まりました。

家庭では電気を点ける時間の短縮になり、企業でも経費削減につながると言われています。

フランス、イタリア、イギリス、スペインなど、ヨーロッパ各国でも導入されています。 ちなみに、サマータイムの影響でドイツと日本との時差は夏は7時間、冬は8時間。

また、ベルギーでは「冬は唯でさえ日が短いのに、冬時間に戻すと更に短くなるので、この際一年中夏時間にしてはどうか」という案も提唱されています。 日本でも高緯度の北海道では実験的に何度かサマータイムが試験的に実施されているようですね。

(木場澄江 from ミュンヘン)

夏時間には賛否両論

「導入しても省エネ効果は上がっていない」また、減少傾向の農林水産業界からも、未だ国土の約50%が農林業に利用されていることを 踏まえて「家畜にとって年2回の搾乳時間の変更は容易ではない」。

その他、医療的に「不眠症の人には害になる」等として廃止を求める声も高まっています。

(木場澄江 from ミュンヘン)

イースター

白アスパラ

関連記事

  1. 冬のレジャー

    ドイツでは四季折々、様々なスポーツを楽しむことが出来ます。 冬はスキー、スケート、アイスホッケー、ま…

  2. ネクタイの日

    カーニバルの一環に「ネクタイの日」があります。なんと、この日に男性が会社に着て行ったネクタイは、会社…

  3. ポロ

    「趣味は?」という問いに対しての答えは数知れず「読書、ゴルフ、テニス、スキー」ぐらいでは収まりません…

  4. 聖マーティンの日

    毎年11月11日はSankt Martinstag(サンクトマーティンスターク:聖マーティンの日)ま…

  5. 夏至

    一年で一番昼が長く夜の短い日、つまり夏至の頃に、ドイツの 多くの都市でSonnwendfeier(ゾ…

  6. Schon GEZahlt?

    ドイツで生活していたある日のことです。ポストに一通の手紙が。どこか公的機関なニオイのする手紙です。手…

  7. アウクスブルガー プッペンキステ

    さて、これは一体なんでしょう。「アウクスブルガー(Augsburger)」は「アウクスブルク(まちの…

  8. イチゴ狩り

    日本では出身が鎌倉の私。イチゴ狩りには一日かけて富士山の近くまで行った覚えがありますが、ここミュンヘ…

PAGE TOP