幸せの象徴

四葉のクローバー

希望・愛情・信頼・幸運だといわれています。 十字架にみたてることもできます。 クローバーと言えば通常三つ葉。 その変異体が四葉といわれています。 その、四葉のクローバが広がる丘、というお話があるのですが、 そこに登場するこの動物も幸せの象徴です。

ブタ

中世ドイツ。競技大会で最下位の人には残念賞でブタが プレゼントされました。残念だけどブタをもらえてよかった、 とされるところからだとか。それが幸せの象徴になるとは、 謙虚で素敵です。 ブタの人形やお菓子は、結婚式でよくプレゼントされます。

煙突掃除の人

なんで?と思いますが、これも中世ドイツ。各家庭に煙突があり、 掃除の人が年始に前年分の掃除料金を集金する際、 幸せがありますように!といってまわったのが始まりだとか。

テントウムシ

かわいらしいボディーながらも アブラムシなどの害虫を駆除してくれる、 ありがたい存在。 テントウムシは聖母マリアの虫「マリエンケーファー」とも言われます。

コイン

幸せの象徴。どちらかというと経済的な側面があります。

きのこ

カラダによい食べ物とされ、どちらかというと健康・美容的な側面があります。

蹄鉄

馬のヒヅメに装着されるU字型のものです。馬は幸せの象徴で、 蹄鉄のUを上向きにおくいいとされています。

Schon GEZahlt?

灰の水曜日

関連記事

  1. ネクタイの日

    カーニバルの一環に「ネクタイの日」があります。なんと、この日に男性が会社に着て行ったネクタイは、会社…

  2. らくがき

    ドイツでは年中、駅構内のらくがきが絶えませんが、特にひどくなるシーズンがあります。原因はずばり、So…

  3. イースター

    2008年のイースター(ドイツ語でオースタン、Ostern)は平年より早め、3月23日です。地球温暖…

  4. アウトバーン

    遠出するにも高速料金が高いと思っている方々に朗報です。ドイツにある高速道路は国内料金無料で速度無制限…

  5. ポロ

    「趣味は?」という問いに対しての答えは数知れず「読書、ゴルフ、テニス、スキー」ぐらいでは収まりません…

  6. Schon GEZahlt?

    ドイツで生活していたある日のことです。ポストに一通の手紙が。どこか公的機関なニオイのする手紙です。手…

  7. 冬のレジャー

    ドイツでは四季折々、様々なスポーツを楽しむことが出来ます。 冬はスキー、スケート、アイスホッケー、ま…

  8. 灰の水曜日

    「灰の水曜日」は復活祭(イースター)の46日前の水曜日。この日を機にキリスト教のイエズス四旬節が始ま…

PAGE TOP