ノイエンマルクトの蒸気機関車博物館

ドイツでも蒸気機関車は既に過去のお話ですが、今でもファンの為に、また教養も含めていくつか博物館があります。

ここは、バイエルン州に3、4つある蒸気機関車博物館のうち、バイロイトの近くNeuenmarkt(ノイエンマルクト)にある最大級の博物館。 1975年に15の機関車庫が当時のBundesbahn(ブンデスバーン:ドイツ国鉄)からノイエンマルクト市に譲渡され、博物館として1977年にオープン、以来拡大を重ね現在に至ります。

機関車の知識は皆無に等しい私でも感動の迫力。 車庫には1909年から1956年までの様々な蒸気・ディーゼル・除雪機関車、当時の近郊路線を示す精巧なミニチュア、 また実物の運転席や、機関車の下側(お腹側)に階段で降りての見学も可能、一休み用のベンチも当時の座席という凝ったものでした。

機関車の移動に使用された大型手回し歯車の体験もあり、当時の過酷な労働ぶりを思わせました。 操縦士もそうですが、石炭投入の操縦助士たちは四季折々どんなにか大変だったことでしょう。

1933年から1945年のナチス政権下では、鉄道の開発は国家プロジェクトに値し、最高時速約180キロ級の機関車も続々と登場。 石炭の燃力だけでこれだけのパワーを持った機関車たちは非常にたくましく、堂々と見受けられました。

屋外の駅や石炭庫の様子も電灯や駅時計。当時のもので、ノスタルジックです。 蒸気機関車の営業目的での運転は、旧西ドイツでは1977年に、また旧東ドイツでも1988年に終了していますが、人類の開発能力はすごいですね。

一年に何回か、ミュンヘンでも観光目的で約100キロ区間、実際営業使用された大型蒸気機関車が再運転されます。

(木場澄江 from ミュンヘン)

観光蒸気機関車シーズン最終運行

ドイツの車

関連記事

  1. 観光蒸気機関車シーズン最終運行

    1804年に発明された蒸気機関車。1970年代後半以降はドイツでも、乗客用、貨物運送用共に廃止されて…

  2. ニュルブルクリンク

    ドイツの自動車メーカーはモータースポーツ大好き。サーキットはドイツ各地にあり毎週末どこかで必ずレース…

  3. ふらっとおとなりへ

    ふらっとおとなりへヨーロッパがEUとして一つになりつつある今、ドイツからフランス、オーストリア、…

  4. アウトバーン

    遠出するにも高速料金が高いと思っている方々に朗報です。ドイツにある高速道路は国内料金無料で速度無制限…

  5. 私的・シュベービッシュハルガイド

    ハイルブロンを出発するローカル線。ホーエンローエのなだらかな山間部を走り、トンネルを抜けると突如とし…

PAGE TOP