ふらっとおとなりへ

ふらっとおとなりへ

ヨーロッパがEUとして一つになりつつある今、ドイツからフランス、オーストリア、チェコへ等、国境審査なしにスムーズに。

ドイツ旅行だけではなく、そのおとなりへもふらっとついでに旅行しちゃいましょう。ドイツからはたくさんの国際列車が出ています。 隣国スイス・フランス・ベネルクスなど、日帰りで行けてしまう国々へはEC(ユーロシティまたはオイロシティ)で。ユーレイルパスがあれば隣国へもスムーズ。 統一通貨ユーロが通用する範囲なら、両替の必要もありません。

朝目覚めるとそこは…寝台列車の旅

夜ドイツを出発して、朝にはもう別の国。地続きなヨーロッパでしかできない体験です。

ただ、寝台列車はレイルパスを持っていても寝台料金は別料金なので、注意が必要。 貴重品には十分ご注意を。ぐっすり眠れるかどうかには個人差があると思いますが、到着した朝の、あのなんともいえない「もやもや感」が、旅してるな、という気にさせてくれるはず(笑)。

ただ、ヨーロッパの延長にあるとはいえ、国により状況は全く違ってきます。言葉も文化も違うわけですからドイツにいるときと同じような気分でいることはできません。 特に、治安。中には治安が悪い国もあります。情報は常に確認しておいてくださいね。

私的・シュベービッシュハルガイド

列車に乗る

関連記事

  1. 観光蒸気機関車シーズン最終運行

    1804年に発明された蒸気機関車。1970年代後半以降はドイツでも、乗客用、貨物運送用共に廃止されて…

  2. アウトバーン

    遠出するにも高速料金が高いと思っている方々に朗報です。ドイツにある高速道路は国内料金無料で速度無制限…

  3. ノイエンマルクトの蒸気機関車博物館

    ドイツでも蒸気機関車は既に過去のお話ですが、今でもファンの為に、また教養も含めていくつか博物館があり…

  4. ニュルブルクリンク

    ドイツの自動車メーカーはモータースポーツ大好き。サーキットはドイツ各地にあり毎週末どこかで必ずレース…

  5. 私的・シュベービッシュハルガイド

    ハイルブロンを出発するローカル線。ホーエンローエのなだらかな山間部を走り、トンネルを抜けると突如とし…

PAGE TOP